Blois, club kendo ADAKI

 Mot sur le Japon  - stage kendo 26-27 mars 2011

 

日本への想い 2011年 32627日 スタージュ剣道に際して

 

Face à l’horreur qu’a vécue le Japon le 11 mars 2011, nous ne pouvons que prier pour le repos des âmes emportées par la violence du tremblement de terre et du tsunami.

 

2011年 311日に起こった 日本の地震に際し 私たちは地震と津波の威力により

もたらされた 亡くなった方々の 魂の平安を祈ることしかできません。

  

Nous sommes admiratifs envers le peuple japonais qui fait face avec fierté, calme et efficacité, sans paniquer.


日本の人々が パニックに陥ることなく 誇りと秩序と冷静さをもって

この出来事に 対応しているさまは 驚くべきことです。(感嘆に値します)

 

Le poisson-chat sous le Japon a bougé plus que d’habitude… La force de la nature a emporté des milliers de vie…

 

日本の直下にいるなまずが これまでになく動いてしまった。自然の驚異は

いくつもの人生を 奪ってしまった。

 

Les japonais sont très proches de la nature, la religion shinto est la religion des dieux de la nature. C’est sans doute pourquoi les japonais acceptent sa force avec tant de respect et dignité.

 

 

日本の方々は とても 自然にそして 自然の神である神道に近接しています。

 

それは おそらく 日本人が そ れほどまでに自然に対する畏敬の念 を 知らざるを得ないということなのでしょう。

 

  

 

Aujourd’hui, ici et maintenant, nous devons aussi penser aux survivants, à ceux qui ont tout perdu.

Et à ceux qui sont dans le deuil de leurs proches, tout comme ceux qui n’ont plus de toit, ceux qui ont encore froid et faim.

 

今日、 ここ そして 今、 私たちは 生存者の方 そしてすべてを失った方々にも

思いをはせなければなりません。

そして その親族の悲嘆にくれている方々にも。 同様に 屋根もなく、寒さと空腹の

中で いまだ過ごしている方々すべてにも。

 

A chacun d’entre nous d’aider le peuple japonais meurtri, par nos pensées, prières, dons, mots de soutien, etc

 

わたしたち それぞれの間で 傷ついている日本人を助けましょう。

 われわれの思い、祈り、寄付そして 支援の言葉によって。

 

Les kendoka aussi, amoureux du Japon, ont le cœur brisé par le malheur qui touche le Pays du Soleil Levant.

 

日本を愛する剣道家 わたしたちもまた 日出ずる国 日本に衝撃を与えたこの災難によって 傷ついています。

 

Ima koko, ici et maintenant, nous pensons au Japon et à son peuple.

 

今 ここで。 イシ エ モントノン 私たちは 日本と 日本国民を思っています。

 

 Avant le mokuso traditionnel du kendo, nous allons faire une minute de silence en solidarité avec les japonais.

 日本の方々へ哀悼の意を込めて 一分間の黙祷をいたしましょう。

 

Olivier

(traduction Yoko)